2010年04月24日

「鳩山政権は政権の体をなしてない迷走内閣」公明・井上幹事長(産経新聞)

 公明党の井上義久幹事長は23日午前の記者会見で、政府・与党が高速道路の新上限料金制の見直しをめぐって二転三転していることについて「政権の体をなしていない迷走内閣だ。(政策の)内閣一元化も有名無実となっている」と批判した。また、政治資金規正法改正案について「今国会で改正が実現しないことになれば、責任は鳩山由紀夫首相と民主党にある」とクギをさした。

【関連記事】
公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ
公明・山口氏「首相は説明責任、政治責任を取るべき」 首相元秘書有罪
「公明と連立なら離党辞さない」 石井一選対委員長
公明・山口代表、民主「政治とカネ」より厳しい対策を
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き−中国青海省地震で(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)
主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
桂きん枝「西川、横山…政治家なる夢実現」小沢氏「有権者に理解いただく」(産経新聞)
限度額撤廃規定、盛り込まず=郵政改革法案で政府方針(時事通信)
posted by タケイ タダハル at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。