2010年04月27日

裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族68人が国に計約22億5千万円の損害賠償を求めたB型肝炎訴訟の口頭弁論が23日、大阪地裁で開かれ、田中健治裁判長は「早期の和解解決が望ましい」との考えを示した。係争中の全国10地裁のうち、札幌地裁と福岡地裁が3月に和解勧告を出しており、和解の方針が示されるのは3例目。

 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団は「和解解決以外ありえないことが一層明らかになった。国が一日も早く和解を実現させることを求める」とする声明を発表した。

 国側は5月14日までに和解協議に応じるかどうか判断するとしている。

【関連記事】
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書
B型肝炎訴訟、広島など7地裁に追加提訴
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎訴訟で初の本人尋問「安心できる治療施策を」

橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議(産経新聞)
「細かすぎ」不評の厚労省目標…全職員にメール(読売新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
小沢氏の要望は「二律背反」=高速新料金めぐり反論−前原国交相(時事通信)
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)
posted by タケイ タダハル at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。